賃貸ビル・賃貸マンション外壁改修工事の記事一覧

賃貸ビル・賃貸マンション外壁改修工事

足場仮設工事
それぞれの物件にあった仮設計画を検討したうえで、建物全体に作業用足場を設置し工事を行ないます。外部にはメッシュシートを張り飛散等防止対策を行ないます。足場直下や出入口には落下防止設備を取り付け居住者様の安全に配慮します。
建物の傷んだ部分を予め調査します。劣化部分の補修方法毎にマーキング(色分け)を行い、各作業員が一目で補修工法が分かるようにします。現場ではこの判断が非常に難しく、数多くの実績を積んだ当社の技術の一つでもあります。
躯体補修工事
大規模修繕工事を行ううえでも、躯体補修工事は重要な部分です。
将来的に剥離等を起こさないためにも丁寧に作業を行います。
シーリング工事
建物の躯体目地やサッシュ廻りの経年劣化したシーリング材を撤去し、新たにシーリング材を充填します。この作業をおろそかにすると将来、漏水の原因につながるなるため、丁寧な作業を要します。
塗装工事
仕上げ工事の要であり、仕上りも重要ですが防水性能を高めるため作業工程、塗布量管理をしっかり行いながら作業を行います。
バルコニー廊下防水工事 バルコニー廊下防水工事
近年の修繕では排水溝巾木はウレタン塗膜防水を施し、床面には長尺塩ビシートを貼り防水性能だけではなく歩行の際の足音軽減や美観向上も兼ねた仕上げをさせて頂きます。
屋上防水工事 屋上防水工事
防水工事は建物の形状・用途に応じ防水材を選定し、長期にわたり皆様に水漏れのない安心した生活ができる施工をさせて頂きます。
その他工事
建物のニーズに合った製品を提案・提供し、より快適な生活ができるようご協力いたします。